しゅんプラス > レポート > 十勝の子育てママの声~コロナウィルスによる休校中の過ごし方

十勝の子育てママの声~コロナウィルスによる休校中の過ごし方

十勝の子育てママの声~コロナウィルスによる休校中の過ごし方

コロナウィルスの感染拡大防止のために、学校がお休みになったお子さんとご家族がどんな風に過ごしていたのかを緊急アンケート! 大変な状況ですが、お母さん達は前向きにがんばっている様子がひしひしと伝わってきました。 レポート最後には、参考になったサイト情報ものせましたのでご覧ください。
アンケート回答期間:2020.3.10-3.14。 その時点での声をほぼ原文で紹介しています。

 

 

★★現在の過ごし方や状況★★ 

 

●子供は、家事も手伝ってくれて、一日一回は工作か、お菓子作りをしている。
●小3は1時間おきにドリルや読書、年長も1時間おきに1年生用の簡単なドリルや絵本音読。休憩時間は家の中でトランポリンやボール遊び、鉄棒、ゲームなどをしています。 休日は子どもたちのストレス解消として庭で雪遊びやなるべく人に合わないような所にドライブに行っています。 丸付けなど負担が増えて家事が思うように行かないけれど、勉強中に私も集中してやったり、子どもたちが寝てから家事をする様にしています
●お手伝いシートを作ってお手伝いしてくれたらシールを貼って始業式に子供の好きな物おもちゃ1つ買ってあげる約束をしています。 ネットスーパーを利用して買い物に行く負担を減らして時間を買いました。なので届いた食材をフルに活かして外食が出来ないぶん食材にお金をかけて自宅で美味しいご飯を作ったり 手抜きしたいとき用にレトルト食品や乾麺 出前等利用しています。まとめて買って冷凍保存。下味を付けて食べるときに楽ちんな料理にしています
●学校から貰ったプリントと公文の宿題をし、天気の良い日はグリーンパークまで散歩する様にしています。勉強と運動を毎日、する様に心がけています。人が多そうな所には、子供は連れて行かせない様に、気をつけています。
●学童が再開したので上の子は学童、下の子は幼保園です。幼保園の送迎バスは中止の為、行き帰りは夫婦でやりくりしています。上の子と夫が給食中止の為、弁当を作って持たせています。いつもと違う家事が増えてちょっと大変です。 上の子の学習フォローの為、平日は復習の宿題を毎日作って学童と家でやらせています。休日はまだやっていない学習の箇所をサポートしています。 学童が中止している間は、上の子は祖父母に見てもらっていました。
●テレビ見放題、ゲームやり放題、おやつ食べ放題。
●将棋など、自分の好きな分野の研究、調べ物。
●おやつは自分で作る。
●LEGO、工作、ワッフルやクレープなどお菓子作り、無料公開されているプログラミング、庭で雪遊び、バランスボール。
●学校やテレビで紹介された家でできる運動を30分程度(YouTube等を見ながら)

 

★★家庭での決め事、気をつけている事★★

 

●手洗いと消毒の徹底。なるべく体を動かす。お手伝いは絶対!テレビ、ユーチューブ、ゲームは時間を決める。勉強は毎日少しずつでもやること。
●ネットを介したゲームは友達と話しながらできるのでダラダラやめられなくなってしまう。親が仕事で不在の時はネットが使えないように配線ごと持ち出しています。
●勉強と運動を毎日する様に心がけています。人が多そうな所には子供は連れて行かせない。
●運動と勉強の時間をもうけて、決められた時間を守る事。習い事のスポーツや体育がお休みの為、体力の低下が心配なので一緒に運動をしています。
●テレビやユーチューブは時間を決める。ユーチューブは20分とタイマーをつけて視聴。
●お買い物はなるべく歩いて行く。
●家にいると誘惑が多いので、平日はメリハリをつけて学校にいる時のように時間を区切って勉強をするようにしています。
●生活リズムをなるべく壊さないよう早寝早起き 3食バランス良くたべる。おやつや果物デザートのあとは歯磨きうがいをする。
●親子で喧嘩をしても翌日までひきづらない。
●家にいるとどうしてもゲームをしてしまうので、午前中はゲーム禁止としている。
●自分で何かを作りはじめたり、読書を始めた時はなるべくそのままにしています(学校ではなかなかできないので)。
●プリントをしたら、ダウンロードしたゲームの時間を増やせるようにしています。
●子どもだけで留守番している時は、固定電話には出ない事、インターフォンが鳴っても出ないことにしています。

 

★★我が家でやってみて、うまくいった過ごし方★★

 

●親が仕事がない時は外で遊ぶ。ヘトヘトになるまで雪遊び、キャッチボール、除雪を兼ねたかまくら作り。夜はぐっすりです。
●好き放題に飽きてきた子どもたちに、アロマでマッサージをしてあげたら母の私にもしてくれた。
●前の日の夜などに、明日の予定(親の予定と、子供の希望する勉強内容と、余暇の内容)を話し合い、紙に書いてスケジュールで大体動くとメリハリがついて一日すごせます。
●家事をがんばったらシールを張り、ボードゲームがゲットできる目標を立てました。
●ネットばかり、ゲームばかりという生活にならないよう、親が仕事で不在時は接続できないようにしました。意外と平気でした。
●メディアを見過ぎない。
●ヤル気にならない時は、リズムの良い音楽をBGMにしています。
●朝はラジオ体操!
●学校の時間割通りを作る。調理実習(家庭科)、ローマ字入力(パソコン)、みんなでYouTubeみながら体操(体育)など飽きないように頑張ってます! 放課後はマンガ・テレビ・ゲームタイムでご褒美です!
●子どもたちが自分で決めた時間割を机に置いて、タイマーをかけておくと自分から動くようになった。
●1時間おきにドリルや読書などをして、休憩時間は家の中でトランポリンやボール遊び、鉄棒、ゲームなどをして過ごしています。
●この休みをいい機会と考えて、お手伝いを一生懸命してもらっています。
●料理を一緒にやっています。卵焼きかスープを毎日作ってもらいスキルを上達させています。 毎日のお弁当作りに関心を持たせて、自分でできるように取り組んでいます。
●少しでも良いので勉強と体を動かす事を毎日続ける。
●家の手伝いをお願いし、褒めてあげると喜んでしてくれます。
●ホワイトボードに 【家事手伝い】【勉強】でそれぞれやることを書いて視覚化した。本人が書くことで自覚も生まれたようです。
●幼稚園のお友達に会いたい気持ちを手紙を書いてお届けだけしてきた。
●近所でも良いので、1日1回は外に出す!
●オセロや神経衰弱、すごろくなどは、時間も頭も使うので良く遊んでいます。
●ドリルの無料配信サイトのちびむすドリルをプリント
●遊びはぬりえをプリントしたり、ペーパークラフトを用意して、ゲーム以外の何かをする様にしています。
●お昼ごはんと洗濯は自分でするようにしている。
●子供たちと一緒に不要なものを見直して断捨離をしました。普段片付けられない所を思い切って整理したら、子供たちもすっきりした気持ちになったようです。
●料理も手伝ってくれるようになりました。卵焼きやチャーハンを作り、自分で作った料理をみんなに食べてもらう楽しみを知ったようです。

 

★★ママ達のつぶやき★★

 

●子供が学校に行っている間だけ、働いています。学童に入れる要件を満たしていないのですが、まだ一人で留守番させるには、心もとなく、急に学校がお休みになった時は、困りました。 幸い、実家で預かってくれたので、働き続けてますが、近くにいなかったらどうなったか分かりません。働き方が多様化している最近の状況に合わせて、柔軟な対応をお願いしたいです。
●「アニメやゲームに夢中になりすぎるのは確かに良くないですが、それらは大人が全力で子どもを楽しませようとして作った作品なのです。だから夢中になって当然なんです!」と、あるクリエイターさんが言っていました。それら全てを禁止・抑制すると、自由にさせてくれる家でずっとそれらから離れられなくなり、いつか一人で暮らすようになった時に依存してしまう、とも話していたので、この生活の中で上手な付き合い方を子どもたちと一緒に学ぼうと思っています。
●先週末より学童が再開し、鬼ごっこやドッジボールで毎日走り回っています。すると表情が明るくなり、勉強の集中力も高くなりました。最初の1週間はほぼ自宅にこもっていたので、やる気が下がり集中力もなく、横になっていたり座っている時間が長くてこのままどうなるのかと心配でした。 広い場所で身体を動かすことの大切さをひしひしと感じています。
●友達と遊びたいと言っていますが、誘っていいのか、出かけていいのか、基準が分からないので、挑戦していません。やってもいいことを学校からいってもらえたら、もう少しうまく過ごせるのに、と思います
●在宅仕事なので、子どもと一緒に居てあげられるが、仕事に集中出来ず、早起きして仕事をしています。
●毎日が引きこもり生活の中で「◯◯しないと◯◯させてあげないよ!」というと、自分も子どもも必要以上にイライラするので「◯◯したら◯◯できるからね」と伝えるように気をつけています。
●こんな事は始めてで滅多に経験する事では無いので子供と家族と乗り越えるチャンスを貰ったと 前向きにそれでも感情が先にたって 怒ってしまって言い過ぎちゃったかなと思うのでうまくやって息抜きしながら 乗り越えたいなぁと思っています。
●子どもは学校がある時よりもイキイキ伸び伸びして過ごしている感がありますが、友達と遊べないのが残念なようです。
●高学年のため、勉強の件と運動不足が気になります。
●こういう状況だからこそ、普段できないことを取り入れたり(時間をかけて何かを作ったり)するようにしています。
大人達は経済状況も緊迫している中、意外に子どもはむしろこの状況を楽しんで毎日を送っています。子どもは子どもというだけで守られた存在なのだと改めて思います。
●今回の休校を受け、いち早く学習について動いたのが、文科省ではなく経産省で、オンライン学習や動画授業など自分で選んで学習するような、これからの学びを垣間見た気がします。
しかも一つの動画が10分足らずで飽きずに学べ、学校って何だろうかと考えさせられました。
勉強の場というよりもこれからは集団生活を学ぶ場、コミュニケーション力を育てる場に重きが置かれていくようになっていくのかもしれないなと思っています。
●テイクアウト等をうまく利用して、子ども達の唯一の楽しみである食事にお金をかけています。

 

参考になったサイト・情報など

 

●ourhome305 インスタで子供との関わり方や、子育てに関する事、家事がしやすく楽になる方法を投稿しています。とても参考になるのでおすすです。
https://www.instagram.com/ourhome305/?hl=ja

●ドリルの無料ダウンロードサイト「ちびむす」~未就園児~小6対象~
https://happylilac.net/syogaku.html

●とある男が授業をしてみた~小3~高校生~
https://www.youtube.com/channel/UCzDd3Byvt91oyf3ggRlTb3A

●クックパッド~負担軽減お助けレシピ 親子で作る編~
https://cookpad.com/category/2103

●ちくだいKIP~家の中でできるキッズ向けトレーニング~
https://www.youtube.com/channel/UCeCkl8yZf57UXiMqeiNnPdg

●デサント~1日5分でOK!室内でできる親子エクササイズ5選~
https://store.descente.co.jp/column/column201811-20.html

( 2020年03月24日 / アンケート )

▲ページの上に戻る