しゅんプラス > レポート > ウィズガス親子料理教室 2020 当日の様子

ウィズガス親子料理教室 2020 当日の様子

ウィズガス親子料理教室 2020 当日の様子

2020年1月11日(土) とかちプラザ調理室にて「ウィズガス☆親子料理教室」が開催されました。 料理に興味を持っている小学生と保護者の12組(合計24名)の参加です。 メニューは、シーフードパエリア、トマトと卵のスープ、抹茶あずきの寒天の3品。 親子で協力しながら作った様子をご紹介します。

 

 

主催:帯広ガス株式会社様
運営:ソーゴー印刷株式会社 月刊しゅん編集部
講師は芽室町在住の料理研究家、箕浦奈穂子さん(ミーノファミリエ主宰)です。

HPはこちら

http://ameblo.jp/miino-familie/

 

1 まずは、講師席に集まって手順の説明を受けます。説明を受けてから、各グループに分かれて調理を開始という流れです。

P1030629

講座を受ける上でのマナー、包丁の置き方、素材の洗い方など、料理をする上で大切な事の説明を受けましたね。

P1030632

パエリアに入れる、エビやあさりの処理の仕方は、大人も知っているようで知らない事もたくさんありました。

P1030644

丁寧に下ごしらえしたシーフードや野菜をお米の上に乗せて、炊飯開始です!どんな風に出来上がるのかな?

P1030650

トマトと卵のスープでは、トマトの湯むきに挑戦しました。 湯むきすると、トマトの舌触りがよくなるそうです。

P1030652

寒天を使ったお菓子をつくりました。 抹茶とあずきを使って、とても簡単にできました。寒天の扱い方も勉強になりましたね。

P1030636

みんなでワイワイ作っているうちに、パエリアが炊き上がりました!皆さん上手に炊けましたね!彩りも美しいパエリアの出来上がりです!

P1030656

盛り付けも一生懸命にがんばって美しく!

P1030670

このような3品が出来上がりました。

P1030671

早速みんなで試食タイムです。 親子で和やかにいただきました!

P1030675

P1030678P1030682

最後は、当イベントの主催である帯広ガスさまより「第14回ウィズガス全国親子クッキングコンテスト」のご紹介がありました。   P1030685

ウィズガス全国親子クッキングコンテストとは 「炎の調理で五感を研ぎ澄ます」をテーマに、親子で考えたオリジナルレシピを競うコンテストです。

北海道地区大会の申し込みは6月ごろ。

小学生のお子様と保護者の方で料理に興味のある方は、参加してみませんか?

詳しい様子はこちらをご覧ください。 ↓

https://www.gas.or.jp/shokuiku/cooking/contest12/result_alljapan.html

 

問合せ先 ↓

帯広ガス株式会社 〒080-0019 帯広市西9条南8丁目5番地 TEL.0155-24-4200

( 2020年01月22日 / イベント )

▲ページの上に戻る