しゅんプラス > レポート > これからの介護☆情報交換会

これからの介護☆情報交換会

これからの介護☆情報交換会

2015年6月4日 介護について情報交換会を開催いたしました。

介護に関しての実情や経験、不安などを話しあいながら、これから自分達はどのようにしていったら良いのかなどを語り合った充実した2時間でした。 この内容を月刊しゅんの介護企画に掲載させて頂きました。

 

参加された方は、4名。

過去に親の介護をした方、現在介護しながら子育てしている方、介護職の方、遠方に親のいる方など様々です。

介護の経験や不安の話しは皆さん他人事にはならないような事ばかりで真剣に聞き入っていました。

名称未設定-1

会話の一部をご紹介させて頂きますね。

・Tさん(親の介護をしながら子育て中)

使えるサービスはたくさん調べました。歯医者、理容、介護タクシーなどケアマネさんに聞いたりしました。 介護なんてまだ先だと思っていても、そんなサービスがあるのか~と心に留めておくだけでもすぐに行動できますよね。

 

・Sさん(実父の介護を兄弟で協力した経験あり)

施設の紹介をしてほしい。どんな施設があって、どんな時に利用できるのか?グループホームとケアハウスの違いは?などなどわからない事がたくさん。 わかりやすいように説明してくれるシステムがあればよいのに。

・Kさん(夫の親が遠距離で1人暮らし)

離れて暮らす親、特に義理の親になると難しい。夫は割と楽観的で不安になる。遠方の親が介護状態になったときに相談できる窓口はどこになるのだろうなど 知りたい。

 

・Tさん(介護サービス施設のスタッフとして勤務中)

現在は「バリアフリー」から「バリアアリー」で「やれることはやってみよう」という考え方が介護の主流になってきています。 家族の対応のアドバイスもしてくれるのでケアマネや施設のスタッフに聞いてみるのも大事です。

( 2015年06月28日 / 座談会 )

▲ページの上に戻る