しゅんプラス > モニターレポート > あかん遊久の里 鶴雅 宿泊モニター

あかん遊久の里 鶴雅 宿泊モニター

【あかん遊久の里 鶴雅とは】

阿寒湖の大浴場や露天風呂、岩盤浴も楽しめる癒しの温泉宿。温泉と山海の美味、日本の旅館文化を継承するおもてなしで道内外からのリピーターも多い阿寒湖温泉の宿。

たくさんの応募の中から、温泉が大好きで鶴雅さんは初めてという「かきつばた」さんにモニターしていただきました。色々な温泉を楽しんだり、ホテルスタッフの心配りに感動したり、素敵な夕食と朝食にも大満足された様子をレポートしてくださいました。「大きなホテルなのに旅館のような心のこもったおもてなしがとても嬉しかった」のコメントがすべてを物語っています。 かきつばたさんのブログにもより詳細がアップされていますので、ご覧くださいね。

大きなホテルなのに旅館のような心のこもったおもてなし~【かきつばた】さん

★チェックインからお部屋まで

今回の宿泊は別館とのことで、別館宿泊者専用ラウンジ「七竃」にてチェックインの手続きを行いました。宿帳に記入している間に仲居さんがお茶を点てて下さいます。
大きなホテルなのに旅館のような心のこもったおもてなしがとても嬉しかったです。

阿寒湖と雄阿寒岳が見渡せる、広めの別館和室に宿泊させて頂きました。雄大な景色に感激してしまいました。

★お食事

夕食は「北離宮」でカムイ膳でした。阿寒湖が見渡せる窓際の半個室に案内して頂き、夕陽が沈むのを眺めながら食事を頂きました。
特に彩美牛の瓦焼きと阿寒産の虹鱒の味噌煮が見た目も愉しく、美味しかったです。

翌朝の朝食は「メインダイニング天河」でバイキングでした。お客さんも参加できる餅つきイベントがあり、お餅が振る舞われました。
宿泊者が参加できるのは楽しくていいですね。餡子と一緒に頂きました。また鶴雅グループのパン屋さん「パンデ パン」のパンがとても美味しく、3個も食べてしまいました。

★全体の感想

今回、「あかん遊久の里鶴雅」に宿泊させて頂いたのですが、お風呂や共用施設は別館である「あかん湖 鶴雅ウィングス」も利用することができ、丸一日ホテルで楽しむことができました。

今回は、鶴雅1階の大浴場「豊雅殿」、鶴雅8階の家族風呂「花橘の湯」、ウィングス2階の大浴場「マッネシリ」と、入れる温泉は全て入りました。お風呂の種類が多く、雄大な阿寒湖を目の前にできる露天風呂は特に良かったです。

アレルギー食材があるためメニューに気を配って下さったり、廊下で迷っていたら声を掛けて下さったりと、とてもおもてなしの心を感じるホテルでした。また季節を変えて宿泊してみたいホテルです。

★ブログにも記事をアップしました。 

チェックインからお部屋編

ロビー散策編

夕食編

家族風呂編

朝食編

阿寒湖遊覧船編

あかん遊久の里 鶴雅 宿泊モニター

  • ■住所北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目6番10号
  • ■電話番号0154-67-4000
  • ■HPhttp://www.tsuruga.com/

テスト

▲ページの上に戻る